マックスのつぶやき」カテゴリーアーカイブ

思ったよりデッカイな。

2月の記録的な大雪の為、カ-ポ-トも積雪地対応のニ-ズのみになりました。三協アルミのG-1です。3台用で、間口も8mほどあり、梁も重厚です。トラッククレ-ンで吊って組み立てました。あとは車止めを付ければ完成です。

DSC_0088

DSC_0089

ブロカントって?

ブロカント

「美しいガラクタ」という言葉が語源となっているようです。
ヨーロッパでは『物を愛し、長く大事に使用すること』が暮らしの中に根付いています。ブロカントとは、その様な欧州文化の中、フランスで大切にされてきた美しい古道具を意味します。
『アンティーク』という言葉とよく併用されますが、アンティークとは本来作成されてから100年以上経った物で美術的な価値や収集の価値があるものを意味します。これに対してブロカントは、アンティークほど年月は経っていないものの人々に愛され大事にされてきた美しい道具類のことを意味します。
cafeBrocanteを仏英辞典でひくと「secondhand goods」(セカンドハンド・グッズ)つまり中古品と書かれています。アメリカ英語では単に「junk」(ジャンク)という事もあります。英語やアメリカ英語にすると何とも味気ない感じがしますが、人々の日常生活や民衆文化の中から生まれる古道具類を其々の国で親しみを込めて、そう呼んでいるようです。日本語でも『ガラクタ』という言葉の響きに、どこか愛着や温かさを感じますよね。
物があふれる世の中ですが、”美しいガラクタ”、ブロカントやアンティークを見直したいものです。